FXトレードの成功談と失敗談

FXでトレードをしていると「成功」と「失敗」のどちらかに分かれる。それぞれの立場にいる人がどのように考え、そしてどのような経験をしているか、そのFXトレードの成功談と失敗談をまとめてみました。そこに“勝ちトレーダー”となるためのヒントが隠されていると思います。

負けトレーダーから勝ちトレーダーへと成長できた理由

「興味本位」でFXを始める人は多いです。

 

しかし、その大半はロスカット…という結果に終わります。

 

ですが、その中でも「勝ちたい!」「本気で頑張る!」という気持ちがある人の場合は『勝ちトレーダー』へと成りあがっていきます。

 

今回インタビューした男性もその一人で、見事に「負けトレーダー」から「勝ちトレーダー」の仲間入りを果たしました♪

 

では、一体どのようにして勝ちトレーダーへと成りあがったのか?

 

そして、なぜ負け続けたのか?

 

その全貌を明らかにしたいと思います(*^^*)

 

これからFXを始める人やFXで負け続けている人は是非参考にしてみてください(●´ω`●)

 

”勝てるキッカケ”になるかもしれませんよ?

 

FX

 

 

■ゲーム感覚でFXをスタート

 

『東海地方在住 40代前半 Aさん 男性へのインタビュー』

 

生放送動画でFXを行っている配信者を見て面白そうだなと思い口座を開設してみました。

 

もともと株式投資を行っており、証券会社は複数口座開設済みでしたので、その中からチャートの見やすそうな証券会社を選びそのままその証券会社で取引を開始しました。

 

その後も色々なツールが出るたびに口座を開設するなどしています。

 

生配信を見ながら自分自身も取引し、ゲーム感覚で始めていたので最初は少ない枚数での取引が続き、正直「公営ギャンブルより手軽で小額で楽しめるから面白い」くらいの感覚で楽しんでいました。

 

しかし、次第に枚数も多くなり大きな損失を抱えることになるとはこの時はまったく考えていませんでした。

 

■ロスカットした経験を活かして勝ちトレーダーへ

 

私は、ほぼ独学でFXを勉強しました。

 

インターネットでの検索中心にテクニカルチャートの見方などを勉強していき、自分で知識を増やした形です。

 

始めたばかりは一目均衡表中心にMACD・ストキャステックスを妄信的に信じてトレードを続けていました。

 

しかし、損失が増えるばかりで一度『退場』してしまいました。

 

退場後、諦めきれず約4ヶ月独学ですがトレードの勉強を続けてまた相場の世界へと戻ってきました。

 

私の場合は頭で分っていても損ギリが出来ない・利益確定が早いなど性格的なものが大きく関わってきてしまう場合が多かったので理論上でしか出来ないトレードを捨て、自分に出来るトレードスタイル確立するまで考えつくして満を持しての参戦です。

 

今は損失が大きくならないギリギリのラインをしっかり保ち、利益確定ラインも指値逆指値を始めに設定することで、次第に利益が出てくるようになりました。

 

■再び負けトレーダーへと転落

 

結果的には、口座開設から取引開始後に『約4ヶ月で70万円の利益』が出て、自分の才能に溺れ、その後約1年で利益を飛ばし『最大損失220万円・・・』

 

ビギナーズラックとはよく言うもので簡単に利益がでるんですよね…(泣)

 

このようにしてせっかく利益が出たのに、あっという間に逆戻りです。

いや、むしろもっとマイナスが増えました(泣)

 

1000通貨から取引できる証券会社で口座開設したので、少ない枚数での取引は簡単に損ギリもでき、利益も伸ばすことが出来ていたのですが、自分の才能を信じ始めた頃から次第に変化が…。

 

調子に乗った私は、枚数も次第に増えて損ギリも出来なくなり、利益確定も数pips上がった所でしてしまう始末に。

 

マイナスばかりが増える毎日で、「今まで勝てていたんだからまだ大丈夫」とズルズル取引を続け、最大の損失へと突き進んでしまいます。

もちろん結果はロスカット。

 

■諦めきれず再びFXに挑戦

 

それからも諦めきれず、再びFXの世界に挑戦。

 

そして、再度入金から約8ヶ月で150万円の利益を出すことに成功。

 

その理由としては、「理論上のトレードスタイルでなく自分で出来るトレードスタイルの確立」だと思います。

 

これは、「自分自身に出来ないことは切り捨て、出来ることで勝負していくこと」にありますが、このように自分の出来ることに集中することで自然と利益を伸ばすことが出来たのです。

 

これまで失敗した理由としては、

 

「資金管理の重要性を理解しなかった」

「闇雲に負けを取り返すための取引を続けてきた」

「損失を確定することができなかった」

「酔っぱらった状態でのトレード」

 

などたくさんあります。

 

しかし、こうした失敗例を一つずつ潰していくことで再び利益が出る日が来たのです。

 

もうこれからは前回二の舞にならないように気を付けます(笑)

 

www.fx-success.red